【無料メール講座のお知らせ】

はじめての家づくりに不安なあなたが
家づくりで損をしたり後悔をしない
ための無料メール講座です


『損をしない家づくり7つのひみつ』

詳しくはこちらの手紙をご覧ください

2010年08月31日

子どもが進んで勉強する方法

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです。

「“失敗”を回避し満足いく家で快適に
暮らすための家づくりの“コツ”」

をご覧くださってありがとうございます。

それでは本日のお話にいきたいと思います。

今日のテーマは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子どもが進んで勉強する方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何度言っても勉強しない!
どうやったら自主的に勉強してくれるの?

そのように感じている方はとても多いです。

このお話を知ることで、今までと少しお子さ
んへの接し方が変わるかもしれません。

なんで言う通りにしてくれないの?と悩んだ
りイライラしたりせずに、違う視点で見るこ
とができるようになります。
子どもが自分から勉強をしてくれるようにな
る日が近づいてきます。

私自身、なるほど、と感じたある方から教わ
ったお話です。

子どもに勉強して欲しい

でも、
勉強しなさい!
と言ってもそう簡単にはしてくれないもので
すよね(笑)

そうです。
勉強しなさいなんて言っても子どもは勉強し
ないんです。

理由は簡単

何のためにやるのかわからないからです。

勉強をする目的がないんです。
なんで勉強しなくちゃいけないの?
なんのためにするの?

それは私達自身も感じていたことですよね。

それをわかりやすく伝えさえすれば子どもは
自分から勉強するようになります。

ではどうするか?

ご主人が
「いやー今日も仕事楽しかったなー!
会社最高だよ♪」
と言って帰ってくるんです。

そしてそれを毎日続けるんです。

するとある時子どもが
「パパは何がそんなに楽しいの?」
と聞いてきます。

そしたら

「パパは会社でこうゆう仕事をしているから
こんなに楽しいんだよ♪」

と伝えてあげるんです。

それがしばらく続くと、子どもは我慢できな
くなり素直に聞いてきます。

「どうしたらパパの会社にはいれるの?」

そしたらこう伝えてあげるんです。

「今やっている勉強をちゃんとやるとパパの
会社にはいれるんだよ」

そしたら子どもは何も言わなくても進んで勉
強するようになってくれるんです。

楽しそうにしているパパの会社にはいりたい

ただ行き先のなかった勉強に向かう先ができ
るんです。


あんな風になりたいなって思ってくれると
行動してくれます。

これは一例ですが、向かう先を見つけてあげ
ることで、子どもはすごい力を発揮します。

目的を見つけてあげること

これさえしてあげれば毎日うるさく言わなく
ても自分から行動してくれるんです。

楽しそうにしていることって気になります
もんね(笑)
なになに?教えてよ!
って子どもじゃなくても思いますよね。

子どもはなんだかんだ言いながらお父さん
お母さんが大好きです。

少し接し方を変えると驚くようなことを
子どもは見せてくれるかもしれませんよ^^

家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

家づくり間取りそうだん事務所|bunner2


家づくり間取りそうだん事務所|house88_31_1
にほんブログ村

家づくり間取りそうだん事務所|banner_21

posted by なかむら くにひろ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

こどもが有名私立中学に合格!?

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです。

「“失敗”を回避し満足いく家で快適に
暮らすための家づくりの“コツ”」

をご覧くださってありがとうございます。

今回のテーマは・・・

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

こどもが有名私立中学に合格!?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今日はこどもの成績があがる話をしたいと
思います。

これを知っておくと、お子さんが勉強するよ
うになり、難関と言われている名門中学校に
合格することも夢ではありません。

また、今までよりも家族の会話が増え、より
コミュニケーションをとれるようになります。

お子さんとの距離が近づいてきます。

これを知っておかないと今までと同じように
勉強しなさい、と小言のように繰り返し声を
あげなければいけません。

有名私立中学校に合格しているお子さんを
もつ家庭で、共通していたことがありました。

「住まい方」提案企業を経営している四十万
さんは、有名私立中学に合格した200世帯以上
を調査し、あることに気が付いたのです。

リビングやダイニングで勉強している

子どもの頃、自分の部屋ではなかなか寝れな
い時、お母さんの布団だとすぐに寝れた
という経験ありませんか?

親のそばにいたり感じたりできると安心でき
るのです。

デパートで子どもが突然泣き出し、困ってい
る夫婦がいました。
その夫婦は子どもにどこか痛いの?と聞きま
したが、子どもは泣きながら首を横に振って
います。

おもちゃ買ってあげるね、と言っても一向に
泣きやむ気配はありません。
おかし食べる?と聞いても泣いたままです。

たまらずお父さんが抱っこしてあげました。
すると子どもは泣きやみ、嬉しそうに笑い
始めたのです。

子どもはただ親にかまってもらいたかっただけ
親の存在を感じたかっただけです。


親の近くで勉強して、勉強していることを
アピールして、自慢したいのです。
すると勉強がとてもはかどるのです。

勉強したことを親に伝える、わからないことを
聞く、学校で学んだことを親に自慢する
そうした環境が起こるのは親がいるリビング
やダイニングなのです。

つまり親がいる場所なんです。

ママと一緒にお勉強しよう♪
今日どんなこと教わったの?ママに教えて
そう言ってあげると自然とダイニングやリビ
ングが勉強スペースになっていくでしょう。

ダイニングで勉強している子どもに
「自分の部屋で勉強しなさい!」
と怒鳴ってしまっているお母さん

あなたのことが好きなんです。
あなたの気配を感じていたいだけなんです。
怒鳴らずにそっと受け止めてあげてください。


頭もよくなり、家族のコミュニケーションも
増えるので、すぐに試してみてください^^

家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

家づくり間取りそうだん事務所|bunner2


家づくり間取りそうだん事務所|house88_31_1
にほんブログ村

家づくり間取りそうだん事務所|banner_21
posted by なかむら くにひろ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

無限大の好奇心

あけましておめでとうございます!


家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!


2010年、皆さまはどのようなお正月を過ごされたでしょうか?


大晦日だと思っていたらあっとゆう間に三が日が終わり、鏡開きも


終わってしまいました。


月日が経つのって、ホントに早いですね(笑)。



今年も皆さまのお役に立てるようなお話をお届けしたいと思います


ので、本年度も宜しくお願いいたします。m(_ _)m




今回はお子さんをおもちの方におすすめする、子育てに関するお話を


したいと思います。^^


2010年最初のテーマは・・・




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


無限大の好奇心


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



現在お子さんをおもちのあなた


まだ子供はいないけど将来欲しい!と考えているあなた


もしあなたの子供が、キッチンで料理しているお母さんをみて


「あたしもやる!ママのお手伝いする!」


と言って包丁を握ろうとしたら、あなたはどうしますか?




「あぶないから触っちゃダメ!!」


と言いますか?


「ママがやるから大丈夫。そっちで遊んでて。」


と言いますか?


・・・・・・






子どもは様々なものに興味をもちます。


好奇心のかたまりなんです。


やりたくてやりたくて、知りたくて知りたくてうずうずしてるんです。


何かを学んだらまた新たな好奇心が湧いてきて、それを満たしたくな


る。


それが満たされたらまた新しい、やりたい覚えたいが生まれてくる。


考えてみれば子供が一番貪欲なのではないでしょうか。


子供は家事の手伝いにさえ好奇心旺盛なのですから。


大人になったら面倒くさい、と感じることも子供にとってはわくわく


するようなことなのです。





これってすごいことだと思いませんか?


子供にかぎらず、私たちは自分で考え、行動し、感じ、経験したこ


としか、なかなか身につかないですよね。
^^


経験する、失敗する、痛い思いをする、そこから学んでいくんです。


それを子供のうちから経験しないで、大人になってからできるわけが


ないんです。





0歳から10歳までの10年間は、人間力を身に付ける最も大切な時


期だとあの「ヨコミネ式」で有名な横峯先生は言います。


子供に「本を読むのをやめなさい!」


と言ったら、ベッドで隠れてでも本を読んじゃうんです。


子供の好奇心ってすごいですね。^^






もし子供がやりたい、覚えたいと思っていることを遮ってしまうと、


子どもの意欲は徐々になくなってきてしまいます。


ですから、もし冒頭のように子供がやりたいと言ってきたら


・・・・・


包丁の使い方を教えてあげてください。






そうそう、シェフになれるかも♪なんて言いながら正しい使い方を教


えてあげてください。


もしかしたら誤って手を切ってしまうかもしれません。


でもそこから色々なことを子供は学んでいるんです。


「ありがとう、ママ助かるわ。○○ちゃんのママでよかったわ♪」


こんなことを言われたら、子供は俄然やる気をだすかもしれません♪





ただ、ほめるだけではなく叱ることも大切です。


そして年中ほめちぎっていると、ほめられるのが当たり前になってし


まいます。


嬉しく感じなくなってしまうんです。


そんなことだけは避けてください!





子供のやる気、好奇心をさらに伸ばすような言葉をかけ、いろいろな


ことを教えてあげて、底なしの好奇心を満たしてあげてください。^^




家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

bunner2.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

最強の子育て

はい、こんにちは!

今回は、いつもと趣向を変えて、ちょっと素敵なお話を紹介したいと思います♪

紹介してくれた、大好きな先輩!ありがとうございます!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最強の子育て

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



魚屋を営んでる男性が居ました。



彼には子供が3人居て

その中の1人に店を継がせたい。



男性は子供3人にその話をしたら

「やりたい!」と3人ともが言うと思っていたんです。



しかし実際は

誰も継ぎたくないと断ったんです。

むしろ、「絶対に嫌だ」と強く拒否されちゃったそう。





その事を有名な牧師さんに相談し

一つのアドバイスを貰いました。



その男性は、納得はできませんでしたが

そのとおりに数ヶ月、教えを実行しました。




すると

子供が3人とも「継ぎたい!」と言い出しました。





牧師はどんなアドバイスをしたか

めちゃくちゃ気になりますよね?(笑)






それは







 楽しく仕事をしていればいい

 そして

 喜びを常に口にすること

 感謝を常に口にすること

 希望を常に口にすること

 ただそれだけです。





子供たちは仕事を見てたんじゃなくって

彼を見てたんです。


もっと正確に言えば

彼の思っている事を感じてたんです。





人は見ていないようで

本当に見ていない


聞いているようで

本当に聞いていない(笑)



でも

しっかりと感じとっているんですよ。




奥さんが、旦那さんを嫌いになれば

それは子供にも伝わり、子供も父親が嫌いになります。



見てるんじゃなく、感じるんだから

連鎖的に伝染しちゃうんですって。




だから、景色見て『キレイでしょ?』なんて言わないこと。


ご飯食べて、『美味しいでしょ?』なんて言わないこと。



両親が景色見てきれいだなーって感動してれば、

ご飯を食べて美味しいなーって喜んでれば、

子供はそれ見てちゃんと感じ取って育つんですよ。


大抵の親は子供が物心つくまでに数え切れないくらいの

『ダメ!』『ちゃんとしなさい』を言うようです。 

そしたら、とっても簡単にダメな子供に育ってしまうんです。

                    (by後藤舞)


サーカスの小象は首にヒモをつけ、杭につないでおくと、いく
ら引っ張っても抜けません。何十日か経ち、杭が抜けないこと
を悟ると、像は二度とヒモを引っ張る事はなくなるそうです。


ノミを捕まえてコップにいれ、上を手で押さえたとします。
ノミは何度もジャンプをして手に当たっては下に落ちる事を
繰り返しますが、あるときピタリと飛び跳ねるのをやめます。
そのあと手をどけても、ノミは永久に飛び跳ねることなく、
コップの底で死んでしまうんです。





子供には信じられないくらいの可能性があるんです。


像も、ノミも、子供も一緒ですよ?



それを封じ込めるか、解放してあげるかは親次第





〜全ての人には個性の美しさがある〜

                  byエマーソン





〜一年で収穫が欲しいなら、草を植えよ。10年なら、

 木を植えよ。その先の収穫を考えるなら、人を育てよ〜


最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪
posted by なかむら くにひろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。