【無料メール講座のお知らせ】

はじめての家づくりに不安なあなたが
家づくりで損をしたり後悔をしない
ための無料メール講座です


『損をしない家づくり7つのひみつ』

詳しくはこちらの手紙をご覧ください

2010年11月10日

あなたのこだわりを見つける



こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです。

「“失敗”を回避し満足いく家で快適に
暮らすための家づくりの“コツ”」

をご覧くださってありがとうございます。


それでは本日のお話にいきたいと思います。

今日のテーマは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたのこだわりを見つける

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日も読者の方からお受けした質問について
お話していきたいと思います。

・自分達のこだわりがなんなのかよくわから
 ない
・妻が(夫が)あれもこれもと言っているけ
ど、結局何がしたいのかわからない

それを解決する方法です。

これをやっておくと、自分達が求めていたも
のがなんだったのかを知ることができ、その
後の家づくりがスムーズになります。

そして、イメージ通りのこだわりのある家が
近づいてきます。

これを知らずに、やらずにいると、自分達の
考えがまとまらず、いつまでも間取りが決ま
らずにいらいらとしたり不安を感じるように
なります。


家ができあがった際にも、家は完成したもの
の、何か物足りなさを感じ、まあ家ができた
んだしいいか、とあまり満足しきれないまま
せっかくの家づくりが終わってしまいます。

これはあなたの家づくりを満足させるために
とても大切なことです。

これによって大きく間取りが変わることもあ
ります。

とっても簡単な方法なので、必ず試してくだ
さい。

【あなたのこだわりを見つける方法】

ステップ1:
家の写真が載っている雑誌を用意する
(インターネット上で家の画像を検索しても
いいです)

ステップ2:
その中で、これはいいな、と思う写真を数枚
選ぶ

夫婦で選ぶ写真が違うのであれば、それぞれ
のお気に入りの写真を選ぶ

ステップ3:
その写真の一部を隠す

ステップ4:
隠した写真を見て、それでもその写真が好き
かどうかを見極める

この4ステップに沿って実行してください。

ステップ1
家の写真を手元に用意してください。
雑誌などが一番手軽なのでいいですが、もし
なければインターネットで画像を検索してく
ださい。

ステップ2
色々な写真をみて、こんな家いいな、こんな
風にしたい、と感じた写真を選んでください。
必ずお気に入りの写真を見つけてください。

これはとても大切なので、とりあえずこれで
いっか、ではなく、心から素敵だと思える写
真を選んでください。

ステップ3
写真を選んだら、その写真の一部を隠して
ください。


たとえば、
家具を隠す
窓を隠す
タイルの貼ってある壁を隠す
飾り棚を隠す
真正面に見えるものを隠す

など、色々と試してください。

ステップ4
隠した写真をみて、それでもその写真が好き
か、それともあまり好きじゃないか

感じるままに答えてください。

これであなたが好きなものがわかります。
その写真のどこに魅かれていたのかがわかり
ます。

奥行きのある部屋で、タイルの貼ってある壁
があって、手前にはおしゃれな小物が飾って
あって、照明の光がきれいで、家具も素敵で
窓が大きくとられている部屋

たとえばこんな写真があったとします。
でも、あなたがこんな風にしたい、と感じた
ものはその写真そのままではないかもしれま
せん。

タイルを隠して見ても、照明を隠して見ても
特に違和感はない

でも、窓を隠したら、なんだかあまり好きじゃ
なくなった

だとしたら、あなたはその写真の部屋そのま
まが好きなのではなく、“大きな窓”のある
部屋が好きなんです。

もしかしたら、写真に載っている家具が好き
なだけかもしれません。


だとしたら、家具を引き立たせるようなイン
テリアにすればいいんです。

小物が飾ってあるところが好きなのであれば、
飾り棚のスペースをとりいれるような間取り
になるようにすればいいんです。

これをすることで、奥様(旦那様)がどんな
部屋が好きなのかがわかります。
あれこれ言っていたけど、つまりこれが好き
なんでしょ、と理解することができます。

求めているものがはっきりとすれば、その後
は話し合いもスムーズになります。


こだわっていることさえ見つかれば、あとは
依頼する業者にそれを伝えるだけです。

「窓の大きいリビングにしてください」
「照明にこだわった家にしたいです」

一番こだわりたい部分を見つけることはとて
も大切なことです。

そこが満たされていれば、満足のいく家にな
るからです。

まずは一番こだわりたいことを見つけましょう。

そのために、すぐにできる方法なので、この
方法を必ず試してください。

こだわりが見つからないまま家づくりを始めて
しまうと、まるで迷路にはいったように自分達
の求めている方向を見失い、満足のいく家を手
にいれることが難しくなります。

雑誌を広げて手で隠すだけです。

すぐに試してあなたのこだわりを見つけてくだ
さい。


家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

家づくり間取りそうだん事務所|bunner2




家づくり間取りそうだん事務所
家づくり間取りそうだん事務所|house88_31_1
ランキングに参加しています^^

ランキングに参加しています

家づくり間取りそうだん事務所

posted by なかむら くにひろ at 08:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

▽▲▽▲▽日本と欧米の違い▽▲▽▲▽

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!


それでは今日のお話にいきたいと思います♪



今回のテーマは・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


日本と欧米の違い


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



難しいテーマのように感じましたか??
すいません。ちょっとそんな雰囲気をだしてみたかっただけです(笑)


リビングの歴史については以前少しお話したことがあります。

元々は欧米からきた文化で、それまでの日本の家では茶の間で時間
を過ごすというスタイルが一般的でした。

そしてそれは昔々の話ではなく、リビングという文化は実は日本
での歴史はまだ浅いんです。


まだリビング初心者です(笑)



*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*



欧米ではどのようにリビングで過ごしているかご存じですか??

欧米ではリビングはくつろぐだけの場所ではなく、ホームパー
ティの場所として利用されています。


この時点で少し違いを感じませんか?(笑)



日本人はホームパーティをやる習慣はまだあまりありません。

友人を呼んで
親戚を呼んで
友人の友人を呼んで
お隣さんを呼んで

奥様方の集まりとはまた別で、様々な人が集まり、ピザやアップル
パイを片手にその日初めて会う人達と交流を深めていく。

割と日本人の苦手な部分かもしれませんね(笑)



でも欧米の人達にとっては普通のことです。

自分達だけの場所ではなく、様々な人たちを招く場所なので、椅子
やクッションが多めに用意されていたり、長めのテーブルだったり
と少し日本のリビングとは違っています。

日本で取り入れているリビングという文化は、欧米のリビング
とは違うということです。





それがどうした、と思いますよね?


実はリビングだけでなく、1人に1部屋という文化も欧米からきたも
のです。

欧米の人はプライバシーを大切にします。
そして欧米の人はコミュニケーションが上手です。

新婚でもない夫婦でも、恋人でもない異性でも、おばあちゃんでも
ハグをしてキスをするのが普通です。



出かける前に子どもとハグをしてキスをする

日本ではなかなかない光景ですよね。

個室を与えられて顔を合わせる時間が減っても、リビングでコミュ
ニケーションがとれるんです。



*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*



“個室”と“リビング”という文化は実はとてもつながっているん
です。

リビングをコミュニケーションのとれる場所として利用できている
から個室があってもいいんです。


個室があって顔を合わせる機会が減るからこそ、リビングやダイニン
グでの時間が大切になるんです。

わびさびを大切にしてきた日本人にとっては、欧米人のようなコミュ
ニケーションの取り方は抵抗を感じるかもしれません。



でも方法はなんだっていいんです。


個々の時間を尊重するようになった時代だからこそ、愛情表現を大切に、コミュニケーションを大切にしましょう。

リビングやダイニングで過ごす時間を大切にしましょう^^





家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

bunner2.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

▽▲▽▲▽家を買う?▽▲▽▲▽

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!

今回のテーマは・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


家を買う?


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


家を買う


家を買うということについて考えてみましょう。


そもそも”家を買う”という表現はおかしいのかもしれません。
車を買うとき、ディーラーや中古車販売店に車を見に行き

「これ買います!」

と言って、営業マンと契約書を交わします。
部屋を借りるとき、一度部屋を見に行き

「この部屋に決めます♪」

と言って、営業マンと契約書を交わします。



・・・・・・


建売住宅などは別ですが、注文住宅で家の契約書を交わすとき、そ
の家を見てはいないですよね。
当然です。契約の時点で家が建っているわけはないのですから(笑)

つまり目に見えていないものにお金を払っているんです。

「こんな家を建ててください」と言ってお金を支払うことになるんです。

契約書を交わしてから打ち合わせを進め、工事が終わって初めて家を
見ることができるんです。



*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*



家の場合、契約書というのは「売買契約書」ではなく「工事請負契
約書」になります。

この家を建てる工事を請け負いますよってことなんです。
家の工事を任せますよってことなんです。

では誰が工事のお願いをしているか

家が欲しくて欲しくてたまらない人達です。

家を建てようとしているあなたが実は指揮をとっているんです。



そう考えると、少し今までと考え方が変わってきませんか??
考えてもみてください。
家を建てようとする場合、ほとんどの方はローンを組みます。

「○○年でローンを組むと、月々の返済がこのくらいになります」

こんな話を営業マンや銀行の方と話すことになります。

「これ以上はだせないなぁ」

「ですが月々に換算しますと、返済額が1万円あがるだけです。
 一日一杯のコーヒーを我慢していただければ!」

こんな会話もでるかもしれません。
親身になって相談にのってくれます。



でもよーく考えてみてください。

そのリスクを負っているのはあなただけです。

営業マンが必死にローンの話をしているのは、残念な話しですが、あ
なたのローンが組めないと家の契約がとれないからなんです。

もちろんそのためだけとは言いませんが、契約のために必要な話しな
んです。

あらかじめ言っておきますが、営業マンはでたらめだと言っているわ
けではありませんよ?

あなたが全ての指揮をとっているのですから、それだけの責任を負う
ことになるんです。


逆に言うと、それだけの責任を負っているのですから

「こんなものをつくってくれ!」

「はい、かしこまりました!」

このぐらいでもいいんです。



ただ、間違ってはいけないのは、指揮をとる人は無知ではいけません。
見えていないものにお金を払うんです。

あなたが全ての指揮をとる以上、ある程度の知識をもっていないとし
めしがつきません。


知識を増やすのは少しづつでもいいんです。
素敵な家を建てるためです。

「家を買う」というより、「家を建てる」ということについて、少し考
えてみてください^^




家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

bunner2.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

▽▲▽▲▽プロジェクトリーダー▽▲▽▲▽

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!


それでは今日のお話です。


今回のテーマは・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


プロジェクトリーダー


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


住宅メーカーなどで家の購入を検討される場合、必ず『営業マン』が
絡んできます。

そのメーカーの窓口みたいなもので、最初にあなたが接した営業マン
があなたの家の“担当”になります。


ということはつまり・・・


あなたの担当がどんな営業マンになるかは、その時の運のよう
なものです。



あなたの友人が家を建て、その友人の家を担当した営業マンを紹介さ
れたのであれば、あなたの担当はその友人と同じ営業マンになります。

指名でもない限り、実は担当する営業マンというのは時の運のような
ものなんです。

住宅展示場に行って最初に接客してくれた人、現場見学会で案内をし
てくれ人、電話で応対してくれた人。

その人があなたの担当の営業マンになるんです。



ということはですよ??


・・・・・・


どんな営業マンになるかわからないってことなんです!


ベテランの営業マンなのか新人なのか
親身になって話を聞いてくれるのかそうでないのか



*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*



営業マンというのは、一般的には住宅のプロとして見られています。


ホントにそうだと思いますか??


家の知識を深く知っている営業マンは実はほんの一握りで、ほとんど
の営業マンは、家の売り方やトークに日々磨きをかけ、家を売ること
に力を注いでいるのが現状なんです。

それもそのはずです。

毎日上司から言われることと言えば、

「毎日頑張ってるなぁ。ご苦労さん^^
 今日はもういいから、たまには帰ってゆっくり休みなさい」

なんてことは言われません(笑)



「今月の契約予定はどうなっている!?
 休んでる場合じゃねぇぞ!
 なんとしても全員契約するんだぁぁ!!」

しつこい営業マンが多いのは、大抵上司にこのように言われている会
社です。

これを毎日言われ、相当なプレッシャーをかけられています。
そうなったらもう余裕なんてありません!

なんとかして売らなければと必死になっているんです。
転勤させるぞ!なんて言われることもあるぐらいです。

そんな追い込まれている営業マンが、どの程度家についての知識を
持っていると思いますか??


実はそんなにあなたと変わらないんです。


知っている知識なんてその会社のカタログに載っているような知識を
覚えているぐらいで、そこに経験した知識がプラスされている程度です。


詳しく勉強されている営業マンもいますが、残念ながら一握りでしょう。

そんな時間や余裕はないのです。
毎月毎月上司からの『取り調べ』は続きます。




住宅に関わる知識は広いです。

家に関することだけでなく、法律や金銭面のことまで知らなければい
けません。
つまり、浅く広くなんです。


*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*


営業マンは基本そんなにあなたと変わらないんです。

ほとんどの方は家づくりを始めるにあたり、知識ゼロに近い状態でい
きなり営業マンに会うことになります。


実はもっとあなたがしっかりとしなければいけないんです。


任せるだけではいけないんです。

あなたが家づくりをプロデュースするぐらいに大きくかまえないと。


しかし、いざ打ち合わせになると営業マンのほうが有利にことを運ぶ
ことが多いです。

それもそのはず。
相手はトークのプロですからね(笑)。

でも臆してはいけません。

営業マンや設計士とゆうのは、あなたの大きなプロジェクトを計画す
るためのいちスタッフにすぎないのです。


あなたがそのリーダーです。


あなたとそのメーカーは対等、もしくはあなたが有利であるべきです。
そのぐらいの気持ちを持って臨んでください。

大きなプロジェクトを成功させてください^^



家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

bunner2.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

☆★☆答えはあなたの中に・・・☆★☆

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!


今日のお話にいってみましょう^^


今回のテーマは・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


答えはあなたの中に・・・


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



先日ご依頼いただいたお客様からこんなことを言われました。



「提案してくれる設計士によって違う間取りがでてきて
 
 どうしたらいいのかわからなくなってしまいました・・・。

 どちらがいいのですか?」



実はこのようにおっしゃる方はとても多いのです。

とゆうより、何人かの設計士に間取りを提案してもらっている方であ

れば、ほとんどの方は同じように感じているはずです。



同じ土地であっても提案する設計士によっては、リビングやキッチン

の位置玄関の向き、洗面所の大きさなど様々なものが異なってきま

す。




ある設計士はリビング階段を提案してきたり、他の設計士はリビング

に吹き抜けを提案してきたり


これって実は大変なことなんです!


だって、これが一番いいです!って言われているあなたの住む家の

間取りがいくつもあるんですから(笑)




家は一度建ってしまうと、大がかりなリフォームでもしない限り、間

取りを変更することはできません。

部屋の模様替えとは違います。

間取りはあなたの生活に影響を与えるであろう、大切なことなのです

から、提案されているリビングの位置が違うだけでも、もうパニック

ですよね。




でも実は、どの間取りがいいかを知っている人がいます。



そう

それはあなたです。




設計士は意味もなく間取りを作ったりはしません。
(そんな人にはお願いしてはいけませんよ!)

リビングの位置、玄関の位置、窓の大きさや位置、ダイニングとのつ

ながり

全て意味があります。

その設計士なりの考えをもって間取りを提案しています。

あなたの要望をもとに、自分の考えをプラスして間取りをつくってい

るんです。




間取りを見て、全てを理解することなんて設計士でない限りできるこ

とではありません。

だったら、その設計士に聞いてしまえばいいんです。


「これはなぜここなんですか?」

「これはここではダメなんですか?」





やむを得ず狭くなってしまった部屋や要望を満たしきれなかったこと

があったとしても、なぜそうなってしまったのかは必ず理由があり

ます。

その話を聞いて、納得することが大切なのです。

だって、間取りを決めるのはあなた自身なのですから。





ホントはどんな間取りがいいのか、理想なのかあなたは知って

いるんです。


ただ、それをうまく表現できないだけ

間取りにすることができないだけなんです。






10人いれば10の間取りがあります。

100人いれば100の間取りがあります。

提案された間取りを

「これいいですね!」という方もいれば

「なんだかいまいちな間取りですね」と感じる方もいるはずです。

その方によって感じかたは違うのが普通です。




私は間取りをつくるうえで、必ず最も重要視することを決めています。

それが家事動線なのか、日当たりの良さなのか、駐車場の取り方な

のか。

それはその方のお話を聞いてから決めているのですが、あなたの重

要視されていることと、設計士の重要視していることが一致したとき、

あなたは

「これ、いいかも♪」

と直感的に感じるはずです。




漠然とでも、こんな家にしたい!ということを考えておくことはと

ても大切なのです。





その考えがまとまっているほど、あなたの納得のいく間取りに出会え

る確率はグンとあがりますよ!




ひとつの間取りに捉われず、いくつかの間取りを見ることは必ずあな

たにとってプラスになります。

同じような間取りを見ているより、他の間取りをみて気づくことのほ


うが多いくらいです。

様々な間取りをみて、あなたの納得のいく間取りを探してください^^


もしお困りの方がいれば、無料で間取りのご提案をしますので、いつ

でもおっしゃってくださいね♪




家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

bunner2.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

ドラえもん♪

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!



今回はドラえもんについてのお話をしたいと思います!


テーマは・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


ドラえもん♪(そのまんま 笑)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



もしものび太にドラえもんがいなかったとしたら


どうなっていたと思いますか?


のび太はどんな人生を送っていたと思いますか?





誰もが知っている国民的アニメ“ドラえもん”


未来からやってきたドラえもんは、いろいろな道具をだして、いつも


困っているのび太を助けてあげています。


ジャイアンやスネ夫に意地悪され、運動おんちで勉強もできません。


ジャイアンよりは歌はうまいと思いますが(笑)





犬にかまれたり、物をなくしたり壊したりと色々なトラブルを起こし


ています。


それがのび太です。




そんな時いつもドラえもんは道具を出して助けてあげています。


その道具を使い、時には人助けをしてあげるような優しい少年がのび


太です。





でも実はどんなに道具をだしてもらっても・・・





のび太は頭がよくなったわけでもなく、スポーツができるようになっ


たわけでもなく、野球にもいれてもらえず、ジャイアン達からのいじ


めがなくなったわけでもありません。


道具は一時的にのび太を救っているにすぎないのです。



それでものび太は勇敢に立ち向かい、逃げずに前に進む姿を時折


私たちに見せてくれます。






では・・・




ドラえもんに会うことがなかったとしても、のび太はそんな姿を


見せてくれたでしょうか?




ドラえもんの道具はまさに夢のような道具。


どこでもドアとか欲しいですよね(笑)


ドラえもんはのび太にとって夢であり希望です。


その夢や希望があったからこそ、いじめられても運動ができなくても


勉強ができなくても、のび太は素敵な心を持ち続けられているのだと


思います。







もしドラえもんがいなかったとしたら、


例えいじめられることがあっても、わくわくに溢れた毎日を過ごす


そんな人生をのび太は送れていなかったのではないでしょうか?







夢や希望を持つだけで楽しくなります。やる気がでてきます。


これは家づくりだけの話ではないのですが、夢や希望をもって家づく


りをしたほうが楽しい時間を過ごすことができます。


もちろん叶えられない希望もあるかもしれません。


でも、実現したいという希望をもち、伝えない限りは叶うことは


ありえないのです。








どうせやるなら


楽しいほうがいいに決まってますよね^^


わくわくするような時間を過ごすために


実現するために


どうせ無理だろうと思わずに


夢や希望を口にだしてみませんか?







家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

bunner2.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

建売住宅を考える

こんにちは!

住宅アドバイザーのなかむら くにひろです!



住宅を手に入れたい!と思ったとき


あなたはどの住宅が欲しいと考えてますか?


中古住宅ですか?

賃貸住宅ですか?

新築住宅ですか?



やはりできることなら新築住宅がいいですよね^^


そこで、今回は新築住宅の中の“建売住宅”についてのお話です。


テーマは…


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆


たてうり住宅


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



建売住宅というのをご存じですか?


簡単に言うと、既に完成して建っている、土地と建物をまとめて販売


する住宅のことです。


当然、その家に誰も住んだことはありません。




建売住宅の最大のメリットといえば、言うまでもなくその価格の安さ


にあります。



なぜ建売住宅は安いのか?




理由はいくつか挙げられますが、大きな理由は仕様を統一しているか


らです。


たとえば、全て同じメーカーのキッチンを使う、同じメーカーの給湯


器を使うなど、一度に同じメーカーから大量に仕入れることによって


価格を抑えているのです。



ただ、中には仕様のグレードを低くすることで値段を下げている


者があります。


これだとあまり意味がないように思いますよね。


一定の性能をクリアしているのが前提で安くなっていないと





さて、その建売住宅


いざ建売住宅を買おう!となったとき、あなたはとても慎重にならな


くてはいけません。



建売住宅には根本的に足りないものがあること


お気づきですか?



建売住宅を設計する場合、誰にでも住みやすいように考えて設計しま


す。


多くの人に、「この家住みやすそうだな」と感じでもらわないと、買


い手がいなくなってしまうからです。


つまり売る側の考えによって決められた間取りなのです。


その家に住む人の想いや生活が考えられてないということです。


これが建売住宅で足りないもので、実は家づくりにはこれが最も必要


ではないかと思います。




間取りはそこに住む人の生活を考えて作りあげます。


ですから、建売住宅を買おうと決意した方は慎重にならなくてはいけ


ません。


その家が自分たちの生活に合っているかどうか


その家で楽しく毎日を過せるのか



一番大切なことは、


その家でどんな生活になるか想像してみること


です。


初めて見て、その家に住んでいる自分たちを想像してみるというのは


難しいかもしれません。


ですから何度も何度も見て、歩いて、長い時間その場所にいることが


必要でしょう。




もちろん注文住宅のほうがお勧めなのですが、建売住宅の中でも


自分たちに合った家を見つけられるかもしれません。


是非、じっっっくりと見てから検討してみてください。


家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

baner3.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

ちびまる子ちゃんの家

長期に渡ってお茶の間の人気になっている、国民的アニメ


“ちびまる子ちゃん”


このちびまる子ちゃんの家の間取り


どんな間取りか気になりませんか?



まずこのちびまる子ちゃんの家族


ご存じかと思いますが、おじいちゃん、おばあちゃん、父、母、娘


2人の6人家族で


実は2世帯住宅なんですね。



ただこのちびまる子ちゃんの家、2世帯としては珍しい“平屋”なの


です。


通常2世帯住宅というと2階建、3階建が一般的なのですが、この家


は平屋なのです。




平屋というのはひとつのフロアに全ての生活が詰まっています。


ですので、プライバシーをある程度必要とする2世帯住宅では少ない


ケースなのですが、逆に全ての空間が集まっているので、“かべ”が


ないとも言えます。


このことからもちびまる子ちゃんの家族の仲の良さをうかがえますよ


ね^^。




ただ、2階建てと平屋で同じ面積だった場合


実は2階建のほうがコストは低くなるってこと


知っていましたか?


意外だと感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、それには理


由があります。





平屋と2階建の大きな違い。それは・・・


1階の面積の違いにあります。




例えば140uの家の場合


平屋の場合は1階の面積は140uですが、2階建の場合単純に考え


ると70uになります。


この面積の違いがコストに表れます。


それは基礎や屋根などのコストです。


平屋の場合、2階建に比べて基礎や屋根の面積が単純計算で2倍に


なります。


これが2階建のほうがコストを抑えられる理由です。





ただ、平屋にはそれに見合った“価値”があります。


全ての生活が1フロアで過ごすことができ、全ての部屋を近くに感じ


ることができる
ということです。


そう考えると、仲の良いちびまる子ちゃんの家が平屋なのもうなずけ


ますよね。


家というと通常2階建を考えますが、もしも土地にゆとりがある場合


は平屋というのもひとつの考え方だと思います。


ちなみに同じ国民的アニメ”サザエさん“の家も平屋だってこと


知っていましたか?




ちびまる子ちゃんの家の間取りが気になって眠れない!


という方はこちらからどうぞ↓

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20080930007_p.html




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

知識はないほうがいい!?(続き)

こんにちは。


昨日の引き続きになります。



……



当り前のことを当たり前だと感じる


これが問題だというお話をしました。


どうゆうことか?




私たちは“すでに知っている何か”に出会ったとき、


「要するにこういうことでしょ」


と総括してしまいます。


その瞬間、その人は新しい学びに触れる機会を逸してしまうのです。


そこで考えることや感じることを


ストップしてしまうのです。



そうすると、その先にある新しい何かを得ることができなくなってし


まうのです。




これはもちろん私にも経験があります。


私は割と見栄っ張りなほうなので(笑)、ついつい知ったかぶりをし


てしまうことがあります。


ですが実は私はとても損をしていることに気付いたのです。




要するにそういった先入観を持たずに話を聞いたほうが、


様々なものに出会える機会が


あるということです。



これは住宅に限っての話ではないのですが、家について教えてくれる


知人や専門家がいたら、まずはその人の話を聞いてみてください。


もしかしたら、知っていると思っていたことでも、新たな発見がある


かもしれませんよ?



たくさんの情報が必要な家づくりだからこそ、どんな些細な情報でも


逃さないようにアンテナを高くしましょう!!





甥っ子が描いていた絵を見て、感性が豊かだなと感じました。


子どもは天才ですね^^。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

知識はないほうがいい!?

私の後輩で


「あぁ!それ知ってます知ってます!」


というのが口ぐせになっている後輩がいます。


何かを教えている時、説明している時


「そうですよね。うんうん。」

「そう。そうなんですよ。こういうことですよね?」


こういう方、周りにいませんか?(笑)



実はこの後輩、とても損をしているのです。


……


……


お気づきになりましたか??





家づくりをするには知っておかなければいけないことがたくさんある


以前そのようにお話しました。


「なかむらさん何を言っているの?言ってることが矛盾してるよ?」


そう思われた方もいるかもしれません。



私の甥っこの話をします。





ある日彼が楽しそうに絵を描いていました。


“日が落ちた頃に猫が登場する”という絵でした。


彼はしばらく描いてから、猫を少し黒く塗り


「夜の色がついたの」


と言いました。


日が暮れて“暗くなった”のではなく“夜の色がついた”と表現しま


した。




これは私たち大人ではそういった考え方をしないでしょう。


夜が近づき、暗くなり、そこから何かを感じとるということはしま


せん。


日が落ちて暗くなった、としか感じないでしょう。


「そんなことは知っている。当たり前だ」と容易に判断しています。


実はこれが問題です。


……


どうゆうことか?


……


すいません続きは明日書きます!(笑)

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

心の準備

家づくりには家族みんなの夢や希望がたくさん詰まっています。


“こんな外観の家にしたい”

“新しい家ではこんな生活をしたい!”

“こんな部屋が欲しい♪”


など、変な言い方をすると一種の妄想のようなものが必要になってく


るのです。


そこで、実際に家づくりをするための心の準備ができているか、ちょ


っとしたアンケートをしたいと思います。





次の10の質問にYESかNOで答えてみてください。


1、 理想の家を建てるためなら、どんな手間も惜しまない

2、 なぜ家を建てたいと思ったのかを答えられる

3、 家を建てることについて、家族で話し合うことが多い

4、 どのあたりに住みたいか、おおまかに決めている

5、 戸建とマンションのどちらに住みたいか決めている

6、 住宅に関する雑誌を買って読んだことがある

7、 家を建てるための貯蓄をしている、または貯蓄がある

8、 自分たちの預貯金がどのくらいあるか知っている

9、 住宅ローンについて調べたことがある、または知っている

10、 転勤などで引っ越す可能性は少ない


以上の10の質問のうち・・・・・








YESが7つ以上!


特に最初の3つの質問にYESで答えられると


もう心の準備はバッチリです♪


すぐにでも家づくりに動いてください^^





まだ記憶に新しいワールド・ベースボール・クラシック


接戦が続いた対韓国戦


ランナーがいない状態で、バッターは3番青木選手


息詰まる試合の中、打率好調だった青木選手が、ランナーのいない状


態でなんと







バントをしたのです!



驚いた韓国の内野選手は反応できず、結果青木選手はランナーとし


て出塁に成功しました。


想定していなかったことには、体はすぐに反応してくれない


ものです。



理想の家を建てるには、理想のイメージをもつことがとても重要です。


イメージがリアルであればあるほど、そのイメージに近づいていき


ます。






YESが7つ以下だとダメ!


ってことではなく、10の質問は理想の家づくりをするために知って


おいてほしい準備項目なのです。



実はこの準備をしていなくたって、家というものはできてしまうので


す。



“和室があって、LDKがあって、寝室と子供部屋があればそれでい
 
 いです。あとはこの予算のなかでやってください”



と言われたら、それで家はできてしまいます。




これはこれで恐ろしいことです。




ただ、それが理想通りの家なのか、夢にまでみたマイホームなのかと


聞かれて、


YESと答えられるかどうかはわかりません。


家が完成して、理想の家ができた!と満面の笑みで言えるために


も、心の準備始めてみませんか?

posted by なかむら くにひろ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

家づくりの土台

このところお客様との打ち合わせに追われていて

すっかりご無沙汰しておりました( ̄□ ̄;)なかむらです

先日お客様である奥様から

゛なかむらさんに設計を任せたい″

とゆうありがたい言葉を頂きました

感謝の気持ちでいっぱいになったのと同時に

責任も感じています

お家は何千万もする買い物ですから




家づくりを始めるにあたって、まずは自分の理想となる家を探さ

なくてはいけません。


すでにイメージができている方はいいのですが、ぼんやりとしか

イメージできていない方のほうが多いでしょう。


「明るいおうちにしたい」

「リビングの広いおうちにしたい」


自分の中のイメージを伝えきるというのはなかなか難しいです。

受け手があなたのイメージをしっかりと受け止めてくれればいい

ですが、受け手にもよります。その結果、家ができあがった後


「あれ?ちょっとイメージと違う」


こういった事が起きるのです。

逆にイメージしていた以上の家になった!という嬉しい声が起こる

こともあります。かくいう私も、今まで家づくりをお手伝いしてきて

その両方の声を聴いてきました。


「思っていたよりは、ちょっと狭いかしら」

「すごい!こんなに素敵な玄関になるとは思ってませんでした!
 
  ありがとうございます」


私の場合、全然希望通りの家じゃない!建て直してくれ!

なんてことはありませんでしたが、現実的に起こってもおかしく

ない世界です。
そして、


簡単にもう一度建てることができないのが住宅です。


パートナー選びも重要になってきますが、今回はまず自分のイメージ

を確立する方法についてお話します。

難しく考えることはないです。答えは簡単!


 “たくさんみよう!”

です♪住宅雑誌を見ましょう。インテリア雑誌をみましょう。

住宅展示場を見ましょう。余裕があれば、セミナーに参加してみま

しょう。たくさんのものを見ていれば、これがいい、あれが理想だ、

ということがわかってくるはずです。

そこでイメージを膨らませることが大事です。

できたら、住宅展示場よりも現場見学会に足を運んでください。

何故なら、大きさを確かめるのにはうってつけだからです。

6帖の個室が狭いか広いか、キッチンスペースはどのくらいあると

良いかなど実際に見て感じた方がわかりやすいからです。住宅展示場

でも良いですが、住宅展示場は、自分たちの会社のアピールを兼ねて

いるので、若干現実から離れている大きさであることが多いです。

設備も豪華につくってあるので、間取りの参考ぐらいにはなるとは

思いますが、広さの確認には現実的ではないと思います。


そうしてイメージが確立してくれば、相手に伝えやすくなりますし、

言葉で伝えきれないものは、雑誌をみせれば伝えられます。


 「こういうおうちにしたいんです」


家づくりは、全てを依頼先に任せることはあまり得策だとは言えま

せん。自分たちもやるべきことはあります。

ただ、神経質になりすぎると、せっかくの家づくりが重荷になって

しまいます。

家づくりは楽しいものです。

自分たちがそこに住んでいる姿をイメージしながらいろいろなものを

見ていると楽しいですよ。
posted by なかむら くにひろ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

必要な材料を知る

 □あなたは「どんな家にしたいか」を具体的に明確に答えられますか?

 □その理想の家にするためには、何が必要かを知っていますか?


この2つの質問にYESで答えられることが、家づくりには必要です。

私の好きなカレーライスにたとえてお話しましょう。


「カレーライスを作って食べたい」


さて、あなたは何から始めますか?

まずは材料を調達しなければなりません。

「お肉とにんじんとじゃがいもがあればいいんだっけ?」

それではカレーライスは一生できませんよね(笑)


カレーライスを作るには、カレールーが必要ですし、お米がないと

“ライス”になりません。たまねぎも必要ですよね。


ちなみに私は仕上げにケチャップをいれます。おいしいんですよ♪

そしてその次に、作り方を知らないとカレーライスはできません。

調理法によって、おいしくもまずくもなりますからね。


何をいれたらおいしくなる。コツはこれ!など、これらの情報が

あって、はじめてカレーライスを作っておいしく食べれるのです。


・*:..。o○☆*゚¨*:..。o○☆*゚¨・*:..。o○☆*゚¨*:..。o○☆*゚¨・*:..。o○☆*゚¨*:..。o○


つまり、理想の家づくりをするには、

必要な材料=情報が何かを知ることが必要なのです。

私たちは、知らない材料を調達しようとは思わないですよね。

家づくりに必要とされる知識は、とてつもない量があります。

おそらくそれを知り尽くすには多大な時間を要することでしょう。

職業を抱えながら、家事をしながら知り尽くすのはちょっとムリが

あります。全てを自分で知る必要はないのです。難しいことは、

専門のアドバイザーの手を借りることにしましょう。


その前に!

最初の質問の答えがだせること!

2つめの質問の答えは、あなたが動きだせば自然とでてくるでしょう。

必要な材料を知ることから始めてみてください♪

posted by なかむら くにひろ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

あなたにとっておうちとは?

あなたにとって家ってなんですか?


illust680_thumb.gif

家族にとっての夢だと思いませんか?

あなたのその夢大切にできていますか?

家を買おうと思われているあなた

買うにはまだ早いですよ♪(≧∀≦)



実はこの質問への答えというのは、

本気で家づくりを考えている方に

とってとても重要なのです。


家づくりを始める多くの方の中で、この質問に即答できる方は

ほとんどいないでしょう


 「子供が産まれて部屋が狭くなったから」

 「子供が小学校に入学する前には建てたいわ!」


こういった考えの方がほとんどです。

誤解しないで頂きたいのは、家を建てるきっかけとしてこのように

思われたのは何も間違いはありません。


大切なことは、後悔しない家づくりをする

とゆうことなんです。


つまり、最初の質問の答えがはっきりしている人ほど、素敵な

家づくりのスタートラインにたてているとゆうことなんです。

家づくりを始めるには、

この質問に対する答えが明確になっているほど

素敵なおうちができると思いますよ♪


まだ明確になっていないあなた

ちょっと考えてみてください。

家を建てる人にとっても、まだ建てる気のない人にとっても、

この答えは必ずあなたにとってプラスになるはずです。


posted by なかむら くにひろ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。