【無料メール講座のお知らせ】

はじめての家づくりに不安なあなたが
家づくりで損をしたり後悔をしない
ための無料メール講座です


『損をしない家づくり7つのひみつ』

詳しくはこちらの手紙をご覧ください

2010年04月25日

リフォームの罠

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!


今日のお話にいってみましょう^^


今回のテーマは・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


リフォームの罠


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


あらかじめお話しておきますが、リフォームの否定ではありま
せん(笑)
むしろ今はリフォームの時代と言ってもいいぐらいでしょう。


某TV局でも人気の「劇的ビフォーアフター」
この番組が人気なように、今リフォームに注目が置かれています。

そこで、今回はリフォームの裏話を紹介したいと思います。



*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*



まずリフォームという業種についてですが、実はリフォームというの
はとても参入しやすい業界です。

建設工事を請け負う場合、「建設業」の許可というものが必要になる
のですが、実は500万円以下のリフォームに関してはその許可がい
りません。


これよーく考えると怖いことですよね。
だって大した知識もない人でもできてしまうんですから。

つまりその道のプロではない業者が工事をやっている可能性があるん
です。

ただ、リフォームというのは家の構造や設備など様々な知識がないとできるものではないんです。

表面上きれいに仕上げることはできるかもしれませんが、実際には
めちゃくちゃな工事がされていることだってあります。

その場しのぎの工事だけをして、数年後に不具合が起きるという事例は少なくありません。



2007年7月に起きた新潟県中越沖地震

この地震で崩れたまだ建てたばかりの新築のような家

実はその家、最近リフォームできれいに仕上げていた家だった
ということは少なくありませんでした。



間違えのないように言っておきますが、リフォームしたからと言って
弱い建物になるということではありませんよ?

外観や家の中をきれいにしても構造の補強工事がされていなかった、
ということです。

見る人が見ればわかるんです。
構造的に補強が必要な家なのかどうか

でもその道の専門でやってきていない業者ではわからないんです。
というより見ていないかもしれません。




2階建ての木造で100u以下の建物であれば建築士の資格が
なくても設計できてしまいます。


そういう世界なんです。
リフォームだからと安心せずに、しっかりと業者を見極めてください。



*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*



もうひとつリフォームを頼んで困ってしまったケース

それは解体したら構造の補強が必要なことが判明し、多額の費用が
必要になった場合です。

キッチンのリフォームだけのつもりが構造補強が必要になり、結果
500万円ほどの費用がかかってしまったということもあります。


逆に言うとリフォームを頼んでいなかったら大地震が起きた際に崩れ
ていたかもしれないので、結果良かったのかもしれませんが、そう
いった事例は実際に起こっています。




家は建てて終わりではなく、メンテナンスがちゃんと必要なもの
なんです。


実は構造上とても大切な柱が腐っていた、なんてことはあってもおか
しくありません。

後で予定外のお金がかかった!なんてことを避けるためにも、リフォ
ームを依頼する時はあらかじめしっかりと専門の人に見てもらってか
ら工事をお願いするようにしてください。
(もちろん定期的に家はみてもらったほうがいいですよ)



ちょっとリフォームに対する考えが変わりましたか??

リフォームだからと気を抜かずに、家を建てるような心構えで臨んで
ください^^





家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

家づくり間取りそうだん事務所|bunner2


家づくり間取りそうだん事務所|house88_31_1
にほんブログ村

家づくり間取りそうだん事務所|banner_21
posted by なかむら くにひろ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。