【無料メール講座のお知らせ】

はじめての家づくりに不安なあなたが
家づくりで損をしたり後悔をしない
ための無料メール講座です


『損をしない家づくり7つのひみつ』

詳しくはこちらの手紙をご覧ください

2010年08月17日

結局どっちがお得なの?

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです。

「“失敗”を回避し満足いく家で快適に
暮らすための家づくりの“コツ”」

をご覧くださってありがとうございます。

それでは本日のお話にいきたいと思います。

今日のテーマは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     結局どっちがお得なの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家を建てる際にほとんどの方が迷うことです。

“オール電化”

ガスを併用するのか、全て電気にしてしまう
のか。

お得なのはどっち?

そう悩む方は多いです。

結論から言いますと、家庭によって違います。

ただ、オール電化にすることでのメリットや
デメリット、どうやったら得をするかを知っ
ておくことで、今後悩むことが少なくなるで
しょう。

ガスコンロがいい
でもオール電化のほうがお得なら・・・

そう考え迷っているあなたにとって、これか
らお話することはどちらにするかを決断する
よいきっかけになるかもしれません。

この話を知っておくことで、それぞれのメリ
ットデメリットを知ることができ、お得にな
る方法を知ることができます。

これを知らないと、自分で決めることができ
ず、最終的にはあまりよくわかっていない営
業マンの進めた方に決めることになるでしょ
う。

まずオール電化とガス併用の違いは設備の違
いにあります。

ガスを使うものと言えば
ガスコンロ、給湯器
です。

ご家庭によってはガス暖房機をお使いになっ
ている方もいるかもしれません。

つまりガスコンロをIHヒーターに
給湯器を電気式のものに変えるとオール電化
ということになります。

ここでよく耳にするのが
IHヒーターって調理しにくそう
という意見です。

まずIHヒーターというのは火がでません。
そのため、火の消し忘れやガス漏れなどがな
く、安全面ではとても優れていると言えます。

また、IHヒーターは凸凹がなくフラットなの
で、とても掃除がしやすいです。

キッチンのカウンターを拭くのと同じように
拭くことができます。

IHヒーターというのは磁力線で直接鍋を温め
ます。
簡単に言うと熱を通しやすいものにだけ熱が
伝わります。
鉄やステンレスなどです。

ですので、IHの電源がはいっていても、指で
さわっても熱くないです。
ですのでIHヒーターをさわって火傷をすると
いうことはありません。

ただ、鍋は熱いので触るともちろん火傷しま
す(笑)

熱効率がとても良いので、お湯を沸かすのは
間違いなくIHヒーターのほうが早く沸きます。

また、表面はとても頑丈にできているので、鍋
をこすりつけても傷がつきません。
10円玉でガリガリやったことがありますが、
傷がつきませんでした。

ではIHヒーターのデメリットは?

先ほど述べましたが、熱が通しやすいものにし
か熱を伝えないので、全ての鍋が使える訳では
ありません。

土鍋などの陶磁器は使えないですし、銅やア
ルミの鍋もあまり使えません。

また、IHヒーターはフラットなので、底が
丸い中華鍋などは使うことができません。

IH用の鍋を購入すればいい話ですが、中華
鍋をふりたい、という方にとっては大きな
話です。

IHは火が見えないので火力の調節に慣れる
のに時間がかかるということも挙げられます。

今までは
“このくらいの火加減で”
と調整してたものができなくなります。

IHの火力は、1〜9のような段階で火力を
調整するので、ちょっとした火加減の調整
はしにくくなります。

そして、これは実際に使ってみないとわか
りにくいかもしれませんが、チャーハンな
どの鍋を振る料理がやりにくくなります。

IHヒーターの場合、鍋をヒーターにつけな
がら調理をすることになるので、鍋をふる
ということが難しいです。

また、火がでないので海苔などを炙る、と
いうような一部の調理ができなくなること
もデメリットです。

IHヒーターのお話はこのへんにして、光熱
費のお話をしたいと思います。

多くの方が気にされているのが光熱費がど
れ程お得になるか、ということでしょう。


まず、オール電化にした際の電気代のお話
です。

一般的な電気量料金は17円87銭
一定量を超えると22円86銭
になります。

オール電化の場合

午前7時−午前10時:23.13円
午前10時−午後5時:28.28円
夏季は33.37円
午後5時−午後11時:23.13円
午後11時−午前7時:9.17円

となります。

そしてオール電化割引として5%の割引があ
ります。


これを見ると一見オール電化のほうが高くな
りそう、と感じるかもしれませんが、注目す
べきなのは午後11時−午前7時の深夜の時
間帯です。

この間に電気製品を使うようにすればお得に
なる、ということです。

タイマーでご飯を炊いておく、深夜に充電し
ておく
などの配慮をすれば確実に光熱費は安くなり
ます。

中でも一番電気を使うのは給湯器です。

電気式の場合、お湯を貯めておくタンクがつ
きます。

タンクの水を深夜の内に沸かしておいて、そ
のお湯を水と混ぜながら使います。
それを毎日沸かすというのが電気式の給湯器
です。

一番電気代の安い時間に沸かしておくことが
できるのが、光熱費が安くなる理由です。


逆に、お湯を使いすぎて、昼間や夕方にお湯
を再度沸かすような生活をすると光熱費は高
くなります。

また、昼間に家で過ごす時間が多い家庭では、
一番電気代の高い時間に電気を使うことが多
くなるので、光熱費は高くなる可能性があり
ます。

冒頭で家庭によって安くなるかどうかは違う
と申し上げたのはこうゆうことです。

そうは言っても、ほとんどのお客様からは月
に数千円は安くなっているという話を聞きます。

それなりに気をつかって電気を使えば光熱費
は安くなるはずです。

エコの面のお話をすれば、どちらもあまり変
わらないでしょう。

以前は電気給湯器のほうが断然環境に優しか
ったのですが、最近はガス給湯器も進化して
おり、環境に優しい仕様になっています。

また、オール電化の場合、停電した際に何も
できなくなると言いますが、電気の復旧速度
はガスよりも早いので、その意見もあまり
参考にならないです。

初期の投資費用で言えば、オール電化のほう
が40万円ほどは高くなるでしょうか。

光熱費が安くなることを考えると10年ほど
でもとはとれる計算になります。
それ以上になるとお得になっていく計算です。

色々と書きましたが、私もどちらがいいか
悩んでしまいます(笑)

何を求めているかを大切にして、じっくりと
考えて決断されてください^^

電気給湯器は補助金がもらえる可能性があり
ます。
興味のある方はこちらからどうぞ。
http://bit.ly/61mIpq


家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

家づくり間取りそうだん事務所|bunner2


家づくり間取りそうだん事務所|house88_31_1
にほんブログ村

家づくり間取りそうだん事務所|banner_21
posted by なかむら くにひろ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 得するコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

30万円得をする♪

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!

では今日のお話にいってみたいと思います!

今回のテーマは・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


エコポイント♪


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少し前から話題になっていますね。
エコポイント

TVやエアコン、冷蔵庫などの家電製品を対象として統一省エネラ
ベル4☆相当以上の家電を購入された場合にポイントがもらえ、
商品などと交換することができるというものです。

最近では自動車のCMでもよく目にするようになりましたね。


ご存じの方は多いと思いますが、住宅でもエコポイントがあるん
です!

ただよく内容をご存じではない方が多いようなので、住宅エコポイ
ントについてお話したいと思います。


*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*


住宅エコポイントは新築の場合一律30万ポイントもらうことがで
きます。
そして実はリフォームの場合でもエコポイントをもらうことができ
るんです!

ただ本年度中に工事を着工するものが対象なので、今のところ期間
限定の制度です。


このエコポイントをもらうには

省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

の2つの基準をクリアしなければいけません。
簡単に言うと断熱性能を良くして、エコキュートや太陽光などを導入
するなどの環境配慮をした住宅が対象になるということです。

これらに対応していればなんと30万円分のポイントがもらえるの
です!

ただ、実はこのポイントは工事代金に充当することはできないの
です。

30万円分安く家を建てられると思っていたらそれは大きな勘
違いです。


結果的には30万円分安くなったようなものですが、工事代金から
引いてくれるわけではありません。

追加工事に対してはポイントを工事代金に充当することはできるの
ですが、そもそもの新築工事にかかる費用には使えないのです。

ただし、EDYやnanacoなどの電子マネーには交換することができ
ます。
他には商品券や旅行券など、様々なものに交換することができます。


そしてもうひとつ大切なこと!

このエコポイントの対象にするため、断熱性能を良くするなど
の費用で大体30万円ほど余分にかかってしまうのです。(笑)


大手の住宅メーカーであれば、中には元々そのぐらいの高い性能が
標準の家かもしれませんが、ほとんどの場合はプラスで必要になっ
てくる費用です。

つまり、タダで断熱性能の高い家にすることができる、というよう
なものです。

もしも

エコポイントがあるから建てましょう!
なんて営業マンに言われてたとしたら、よーく考えてくださいね^^

実際に安く建てられるわけではありませんから。

ただ、実際お得な制度であることには変わりありません。
よく理解をされてから判断してください♪




家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

家づくり間取りそうだん事務所|bunner2


家づくり間取りそうだん事務所|house88_31_1
にほんブログ村

家づくり間取りそうだん事務所|banner_21
posted by なかむら くにひろ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 得するコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

坪単価のお話

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!

さっそく今日のお話にいってみましょう!


今回のテーマは・・・

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

坪単価のお話

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

坪単価なんと29.4万円!!

こんな広告をご欄になったことは一度はあるのではありませんか?

30坪の家を建てるとすると
30×29.4万円=882万円

そんなに安く家が建てられるの???
安い!

と思ってしまってはいけませんよ?
それは大きな誤解をしていますから。

坪単価として発表している金額には実は裏があります。


*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*


今回は仮に坪単価を35万円とします。

坪単価の裏その1

坪単価35万円の中には家の金額しかはいっていません。
つまり家本体を建てるのに最低限必要な金額だということです。

外構工事
地盤補強工事
解体工事
ガス工事

カーテン工事
照明工事
登記費用
火災保険

地鎮祭費用
引っ越し費用
仮住まい費用

給排水工事
仮設工事
消費税

などなど、建物本体以外に関わる工事はこんなにあります。

これらの金額は坪単価にははいりません。

これだけでもほとんどの場合500万円以上はするでしょう。
その土地の状況によっては1000万円近くする場合があります。

通常坪単価にはキッチンやエアコン・給湯器などの設備は見積もりの
中に含めます。
ですがそれらを含めずに坪単価をだしている業者もいます。

理由は簡単!
そのほうが坪単価が安くなるからです。

一般的に言われている坪単価というのは業者によって様々です。
ある業者はエアコンを含めた坪単価であったり、ある業者は設備を含
めめない坪単価であったり。

何が含まれているかによって坪単価というのは安くも高くもなります。

中にはバルコニーを建物の面積に含めて坪単価をだす業者がいます。
バルコニーというのは法律上、建物面積には含まれません。
ですがあえて面積に含めて坪単価をだす業者がいます。
なぜか???

面積が多いほうが坪単価が安くなるからです。

坪単価というのは建物に関わる費用を面積で割って算出します。
40坪の2000万円の建物の場合、2000÷40で坪単価が50
万円になります。

仮にその家のバルコニーが2坪あったとして、バルコニー部分を面積
にいれて計算すると
2000÷42で坪単価が47.6万円になるんです。

こんなからくりが隠されているんです!!


坪単価の裏その2

坪単価が魅力的なぐらい安い場合、仕様が低すぎることが普通です。
屋根・断熱材・外壁の材料、床材や建具の仕様、キッチンなどの設備
の仕様、それら様々な仕様が低すぎるのです。

ほとんどの方はその仕様で満足いかないでしょう。

その仕様を見て

『えっ!?これしか選べないの?こんな仕様なの??』
と驚くことになります。

安い材料を使っていれば建物の費用も安く済むのですから、坪単価も
安くなるにきまってますよね(笑)

グレードの高い仕様に変えることはできるでしょうが、結果費用が
増え、坪単価は50万円を超えていた、なんてことはよくある話なん
です。

坪単価の裏その3

仕様が安い仕様だとしても全ての家が坪35万円ではないのです。
家の形や大きさによるんです。
家の形がシンプルであるほど、建物が大きいほど坪単価は安くなり
ます。
(この話を詳しく聞かれたい方はご連絡ください^^)

つまり最もシンプルな形で、かつある程度の大きさの家で初めて坪単
価35万円になるんです!

たとえば50坪の家だからこそ坪単価が35万円にできて、30坪の
家では坪単価最低45万円からのスタートになるということです。
残念ですが、これもよくある話なんです。

*‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥*


広告などで公表されている坪単価というのは、いくつかの条件が
あって、最低限の仕様にすることで初めて実現できる価格なんです。


全ての方にあてはまる金額ではなく、またその裏にかくされているも
のを見極めなくてはいけません。

坪単価というのはひとつの目安にしかすぎません。
それをあてにするのはやめましょう!

大切なことは実際にどのような仕様の家で総額でいくらかかるのかと
いうことです。

それをよく見てあなたの目で判断することです。

坪単価は忘れてしまいましょう^^


家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

家づくり間取りそうだん事務所|bunner2


家づくり間取りそうだん事務所|house88_31_1
にほんブログ村

家づくり間取りそうだん事務所|banner_21
posted by なかむら くにひろ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 得するコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

交渉を有利にじょうずにすすめる方法♪

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!

「誰も教えてくれない家づくりの秘密」をご覧くださってありがとう

ございます。


今回のテーマは・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


交渉を有利にじょうずにすすめる方法♪


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



家づくりをする場合、営業マンや設計士との打ち合わせをすることに

なります。(当然ですよね 笑)

野球やサッカーの試合の場合、試合会場が対戦相手によって変わり

ます。




自分達の使い慣れた球場でやるか、相手の球場でやるか

ホームかアウェイかは選手たちにとってとても大切なことです。

それは自分たちのテリトリーのほうが有利に運べることを知っている

からです。



実はこれ、打ち合わせにおいても言えることなんです。




打ち合わせを有利にすすめる方法


まずは打ち合わせの場所

打ち合わせは展示場やショールームなどで行うことが多いです。

ショールームなどの見慣れない場所だと委縮してしまい、また豪華な

設備に目を奪われ、つい我を忘れて気づかぬうちに相手のペースに

なってしまいがちなんです。




これを避けるためにはあなたのホームグラウンドで打ち合わせをす

ることをおすすめします♪

住み慣れた場所であれば委縮することはないですし、どっしりとかま

えていられます。

ショールームで打ち合わせをする時よりも、落ち着いて、心に余裕

をもって冷静に物事を判断できるでしょう。




ひとつ誤解のないようにお話しておきますが、すべての打ち合わ

せをホームグラウンドですることはおすすめしません。


ショールームで打ち合わせをすることはメリットもあります。

カタログだけではいまいちピンとこないものも、ショールームで実物

を見れば、一目瞭然ですよね♪




また、キッチンなどが展示してあれば、設備の確認や大きさの確認を

することもできます。

ショールームで打ち合わせをすることは必ずしも悪いと言っているわ

けではないのです。

契約前の打ち合わせ、値段交渉、契約のお話など、特に重要なお話を

される場合にはホームグラウンドのほうが有利だということです。




次に体調管理です。

受験やスポーツの大会などで、特に重要視されるのは体調管理です。

具合が悪いときや眠くて仕方がないとき、頭の回転が悪く、物事を

しっかりと判断できないからです。




営業マンというのは普段帰りが遅いため、夜には強いです。

あなたが仕事からくたくたで帰ってきた後に、元気な営業マンと打ち

合わせをして、良い打ち合わせができるとは思えません。

その時間を避ける、またはしっかりと睡眠をとっておく、体調管理

をするというのは事前準備のようなものです。


万全の体制で打ち合わせに臨むようにしましょう!




そして最後に、家族全員での打ち合わせを避ける、です。

これもあくまで契約前の段階のお話ですのでお間違えのないように。

営業マンというのは、その家づくりに関する全ての人がいる状態での

打ち合わせを好みます。



というのは、誰か1人が打ち合わせに参加できなかった場合、その場

にいない人の了解が得られないと、打ち合わせが進まないことが多い

ためです。

この設備でいいかどうかを妻に確認したい、この間取りでいいかどう

かを両親にみてもらいたい、この金額でいいかどうかを家族全員で話

しあいたい

つまり、誰か1人欠けている打ち合わせというのは、“保留”とい

う手段がとれるのです。




あなたが今すぐに判断できない、もしくは断りたいと思っていること

を営業マンから迫られたとしても

「ちょっと帰って主人に相談してみます」

の一言でその場をしのぐことができるのです。

トランプの、パス1のようなものですよね(笑)




ただし、これはあくまでも契約前のお話です。

契約後には決めることがとても多く、いちいち家に帰ってから奥様や

ご主人に確認をとっていたのではあなたが疲れてしまいます。

全員揃って打ち合わせに臨んだほうがスムーズに進み、あなたにとっ

ても良いでしょう。




これらの方法を上手に使うことで、あなたに有利な状態で打ち合

わせを進められるはずです。


上手に交渉をすすめ、よりよい家づくりを実現してください^^




家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

bunner2.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 得するコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

住宅展示場のじょうずな使い方♪

こんにちは!

家づくりアドバイザーのなかむら くにひろです!



今回のテーマは・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


住宅展示場のじょうずな使い方♪


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


家づくりをする多くの人が利用する住宅展示場。

展示場を訪れる人の多くは、最近の家はどんな家なのか、自分たちの

希望にあった家はないかと見にきたり、また家づくりのパートナーを

探しにきたりと様々な理由で足を運んでいます。



ただ、展示場に行くということは営業マンと接することになりますよ

ね。

そうなると資料を送ってきたり、訪問してくるようになったりなど、

営業マンとやりとりをする機会が起こることも予想されます。

そういったことを避けるため、展示場へ足を運ぶことに抵抗を感じて

いる人は多いでしょう。




ですが、実は展示場にはいろいろな情報が眠っているんです。

そしてその情報はあなたの家づくりを助けてくれるものばかりです。

そのことを知らずに展示場を訪れたり、または避けたりするのはもっ

たいないんです!




まずは展示場というものの裏側について



展示場のあり方というのは、目移りするようなオプションのオンパ

レードやハデな外観にすることでお客さんを呼び寄せており、また

そうしないとお客さんが来ないというのも事実です。

今ではどの展示場もその様な方向になりつつあります。



まるで、女性に対して失礼かもしれませんが、ルックスに自信のない

人が、化粧と洋服でゴマかしているようなものです。

面食いなお客さんはそれに魅力を感じ、じぶんの家もその様になるの

だと錯覚してしまっているのです。




展示場に建っている家というのは坪単価はとても高いものばかりで

す。

坪70万以上はするものばかりでしょう。

そんな家ばかり見てたら気持も高まって冷静ではいられないですよ

ね(笑)



ですがそこに目を奪われて自分を見失ってはいけません。

もっと内面を見るようにしていきましょう!



それでは展示場ではどんなことを知ることができるか



・部屋の広さや天井の高さを体で感じることができる

・部屋のつなぎ方など、プロの設計の知恵、間取りを吸収できる

・営業マンと出会い、相手と自分との相性を知る

・子どもに2階に行ってもらい、どのくらい音が下に響くか体感する

・音がどれくらいもれる家なのか確認してみる

・築年数を聞き廊下のきしみをチェックすることで耐久性を知ること
 
 ができる

・最新の設備の流行を知ることができる

・そのメーカーのセンスを見ることができる




展示場に行くメリットはこういうところにあるんです。

また、展示場に置いてある資料などは意外と役に立つものが多いで

す。

家だけでなく、土地や税金に関する資料なども用意されているので、

是非持って帰りましょう(笑)



そして展示場にはとてもお得な場所があるんです♪

それは総合案内所です。

総合案内所では景品がもらえるんです(笑)

たまに1万円以上はするような、豪華な賞品があたる抽選もやってい

るんです!



その他、講演会やセミナーなど、通常であればお金を払わないと聞け

ないような話しも無料で参加することもがきます。

展示場と違って係の人もおっとりと構えているので、気軽によってみ

てはいかがでしょうか。



ただなんとなく行くのと、意識を持って展示場に行くのでは得るも

のも、気づくものも全然違います。


展示場というのは利用したほうがお得なので、目的意識をもって足を

運んでみてください^^




家づくりについてもっと知りたい方はこちらから

bunner2.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 得するコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

展示場へ行こう!その2

af0100014603m.jpg


こんにちは。


今日は、昨日途中までお話しした、展示場の話の続きをしたいと思


います。




エアコンだったり、TVだったり、車だったりを購入するのと同じよう


に、家だってその目で見て、デザインや性能、どんな機能があるかを


知ることができる、そのためのてっとり早い手段として展示場に行く


ことをお勧めしました。


ここで注意点ですが、



展示場で全てを知ることはできません。



展示場には必ずスタッフがいますが、その方達は良いことしか言いま


せん。そして、当たり前のことですが、自分たちの提供する家が一番


だと言います。これはどの展示場に行っても同じことを言われるで


しょう。



ほとんどの方が知識がないので、言われたことをそのまま受け入れて


しまうことが多いのですが、これは危険です。


大手メーカーなどであれば、ある程度は信頼できますが、展示場での


話は話半分くらいが丁度いいです。


また、住宅展示場にある家は、ほとんどが二世帯住宅のような規模の


大きな家ばかりなので、家の大きさの参考にするには、ちょっと現実


性から欠ける部分はあります。




ここまでお話すると、展示場に行くメリットがないように感じるかも


しれませんが、そんなことはありません。


展示場を見てわかることは、


そこで働く人の人柄、家のデザイン性、


インテリアの質感、使用している材料、


その家の設計者のセンス



など、色々なことがわかります。


そういったことがわかるだけでも、行く価値は十分にあります。




家の大きさなどを知るには、できれば現場見学会などに足を運ばれる


のがいいでしょう。現場見学会では、実際に建築中の家を拝見するこ


とができるので、実にリアルです。家の大きさや部屋数、間取りに


関しても共感できることが多いはずです。



展示場に使用している設備などは、ほとんどは高価なものが多く、現


実的ではないので、そういった意味でも現場見学会はおすすめです。




そしてもっとおすすめなのが


“1日体験”です。


これは業者によってやっていないこともありますが、展示場や建売な


どで行っています。その名の通り、1日その家に住むことができます。



1日住むことで、その家の住みやすさや設備の使いやすさなどを知る


ことができ、そしてなにより間取りの参考になります。こうなってい


ると使いにくい、逆にここがつながっているととても楽、など気付く


ことが多いはずです。様々なことを学べるので、一生に一度の家のた


めですから、


是非一度体験して、色々なことに気付いてほしいです。


自分で発見できる、なによりのアドバイスになるはずです。


色々なことをその目で、耳で、体で感じてみましょう!


是非一度足を運んでみてください♪

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 得するコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

展示場へ行こう!その1

みなさまこんにちは。


突然ですが……


みなさん、通販はお好きですか??


私はあまり利用したことはないのですが、最近はよくTVでも商品が紹


介されていますよね。


私はどうしても一度商品を目の前にしないと不安なので、一度見て


知っている商品であれば、通販でも購入したりはします。


最近では、


ご納得いけなければ全額返金します!


などの保証制度があり、以前よりは安心して購入できるようになって


きました。



さて…




「完成して納得いただけなかったら全額返金

 します!」



なんて保証制度をやっている住宅業者、見たことあります?


私はありません(笑)


そう、ないんですよ。全額返金。


てことは、失敗した!イメージと全然違う!


と言っても、何も起こりません。


もう一度購入するしかないんです。


家を。


それはどう考えてもムリがあります。


家は最も高価な買い物ですから。





家を購入するということは、エアコンだったり、TVだったり、車だっ


たりを購入するのと大きな違いはないのです。


その目で見て、デザインや性能、どんな機能があるかを知って、初め


て買おう!と思えるのです。


家だって見ることはできます。

体験できるんです。






てっとり早く目にすることができるのが住宅展示場です。


展示場へ行けば、その業者の住宅の大体の雰囲気はつかめると思い


ます。


センス、人柄、質感、インテリア…


あらかじめ言っておきますが、

展示場で全てはわかりません。



あくまで参考レベルにする必要があります。


それでも見に行く価値はあります。


ではどんなところに注意したらいいのか?



すみません。続きは次回にお話します^^

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by なかむら くにひろ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 得するコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。